カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
新着記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
携帯サイト
qrcode
RSS ATOM
横手市チャレンジマルシェ開催

皆さま、こんにちは。

吹く風も冷たく感じられる今日この頃となりました。

かぜなどひかれませぬよう、気をつけてくださいね〜スマイル

 

さて、9月といえば キラキラキラキラキラキラ食欲の秋キラキラキラキラキラキラ

ということで今回は、JR秋田駅で開催される

『横手市チャレンジマルシェ』のお知らせです。

横手産のぶどうや梨などの旬の果物や秋野菜をはじめ、横手といえば「コレでしょびっくりマーク」といった特産品が勢ぞろいします。

お買い上げ金額により、県内ペア宿泊券や特産品が当たる抽選会もあります。

 

日時:平成29年9月23日(土)・24日(日)

   午前10時〜午後4時

会場:JR秋田駅 東西連絡自由通路(ぽぽろーど)

お問い合わせ 矢印矢印 横手の魅力営業課 ☎0182-32-2117 

 

 

出店者&販売商品のご紹介です。

 

家 有限会社藤倉食品

 豆富かすてら、味がんも、三角揚げ

 

家 道の駅さんない

 くだもの(和梨、ぶどう、りんご)、山内いものこ、秋野菜、

 いぶりがっこ、はちみつ、お菓子ほか

 

家 道の駅十文字

 秋野菜、くだもの(洋梨、桃、ぶどう、りんご)、お菓子ほか

 

家 佐藤こんぶ

 きざみ昆布、粉末昆布、ぱりぱりおやつ昆布、だし昆布、

 早煮昆布ほか

 

矢印 矢印 昨年の様子です 矢印 矢印

 

 

当日はJR秋田駅「ぽぽろーど」に、ご家族やご近所様お誘い合わせの上どうぞお越しください^^

posted by: marketing | マーケティングから | 15:43 | - | - |-
今が旬の「山内いもの」こを取材しました

いよいよ秋本番になってきましたね。

今回は“とろっと“した触感が特徴の「山内いものこ」について、JA秋田ふるさと山内いものこ部会の田代和博部会長にお話しを伺いました。

部会長は「山内いものこは、朝夕の寒暖の差や川の朝霧など、地域特有の土壌や気候の下で栽培されるため、おいしい芋の子ができるんだよ」と話してくれました。

やっぱり山内いものこは、食べた時のとろっとした触感が、家で作った芋の子と違います。

芋の子の出荷時期は、8月下旬から10月末までで、今は収穫最盛期。畑で芋の子を掘り、根を取り除く作業を繰り返し行っているそうです。

9月17日に行われた「第31回 いものこまつりin鶴ヶ池」では、山内いものこ汁を4千食準備して完売したそうです。

芋の子には「親芋、子芋、孫芋」があり、いものこ汁には孫芋を使い、子芋は煮物に使うとそれぞれの特徴を生かした料理になることも話してくれました。また、皮をむいて冷凍保存すると長持ちする事も教えてくれました。

 

今回のお話しは、、横手かまくらFMの食農推進番組「横手のおいしいみっけ」で、9月28日(木)午前7時30分と午前11時5分に放送を予定していますので、ぜひお聴きください。

 

 

posted by: marketing | - | 16:58 | - | - |-
雄物川町農産物直売の会 ほほえみ直売所 情報

雄物川町農産物直売の会「ほほえみ直売所」は、交流センター「雄川荘」内にあり、また、雄物川温泉「えがおの丘」も近くにあるということで、温泉に来るお客様にはぜひ寄っていただきたい直売所です。

 

 

今の時期は、野菜・果物・加工品とも品揃えがとても充実しています。

以下のような商品が並んでいました。                             

 野 菜 じゃがいも、ほうれんそう、きゅうり、なす、ししとう、サニーレタス、かぼちゃ、ピーマン、にんにく、つるむらさきなど
 果  物 りんご、桃、洋なし
 加工品 乾燥ぜんまい、水煮わらび、干しもち、すいか糖、ジャム、りんごジュース、乾燥りんごなど

 

 

ちなみに、雄物川地域の加工品といえば、「干しもち」や「すいか糖」などが挙げられますが、りんご・まむの「ドライりんご(乾燥りんご)」もおススメです。生のりんごと違い、味が後からジュワーと口の中に広がってきて、ほどよい酸味と自然な甘さがGOODです。

 

 

「ほほえみ直売所」情報

営業時間 9:00〜17:00

所在地  横手市雄物川町今宿字郷72-1

     交流センター雄川荘内

電 話  0182-23-1312

 

 

 

posted by: marketing | - | 11:41 | - | - |-
2017横手の観光ぶどう園情報(ぶどう狩り)

国道107号線沿いの大沢・山内地区にある、ぶどうのもぎ取り(収穫体験)ができる観光ぶどう園を紹介します。

掲載している情報はH29年9月11日現在のものです。)

 

長瀞観光ぶどう園 横手市山内大沢字下長瀞

時期 8月下旬〜9月下旬
時間 9:00〜16:00
入園料

大人300円 子ども150円

※もぎ取り料は別途。

連絡先

0182−36−5805

(期間中のみ)

スチューベン、ナイアガラ、藤稔(ふじみのり)、巨峰、種なし巨峰、安芸クイーン、シャインマスカットなど多くの品種が揃っています。それぞれの収穫時期やその他の品種については、ぶどう園の方におたずねください。

※いものこ汁、おにぎり、おでん、やきとり、もつ煮、飲み物などもあります。(有料)

 

 

まるさんぶどう園 横手市大沢字羽根山

時期 8月下旬〜10月中旬頃
時間 9:00〜16:00
入園料

大人400円

子ども(小学生)200円

小学生未満は無料

※食べ放題。もぎ取り料は別途。

連絡先

筺。娃隠牽押檻械押檻苅娃牽

スチューベン、ノースレッド、ナイアガラ、キャンベルなどの品種があります。食べ放題があるのが特徴です。

 

 

中村果樹園 横手市山内土渕字皿木上段

時期

9月〜10月中旬頃 ※要予約

時間 9:00〜16:00
入園料

無料

 ※もぎ取り料は別途。

連絡先

筺。娃隠牽押檻毅魁檻横苅僑

 

 

 

 

なお、ぶどう狩りの際に、おいしいぶどうを選ぶコツはいろいろあるようですが、ぶどうの皮の「色」を見て、より濃い色を選ぶとよい、と教えてくれた農家さんもいました。

posted by: syoku-yokote | - | 15:40 | - | - |-
横手市役所農林部でのインターンシップの活動報告

今週の9/4〜9/8までの期間、横手市役所農林部でインターンシップを行った渡部です晴れ

 

なぜ、横手市役所でインターンシップを行ったかというと僕は大学で農業のことなどについて学んでおり、横手市役所農林部でインターンシップを行うことにより横手市の農業についてより詳しく知ることができると思ったからですエクステンション

 

今回の1週間で僕が実際に学んだことや体験したことを報告したいと思いますき

 

Day1 9/4

1日目の午前中は横手市役所農林部の業務内容や横手市の農業について説明を受けました。横手市はとても農業が盛んな地域であり、米はもちろん椎茸、トマト、リンゴ、ブドウなどの多種多様な作物が作られているということがわかりました。

 

午後からは農業振興課にお世話になり、農振除外地域の現地確認に同行させていただきました。農振除外地域とはざっくり説明すると農用地だった場所を宅地などに変更することです手

農用地を宅地などに変更するためにはこのようにして調査を行い、果たして本当に変更してもよい土地なのかを確認します。

 

Day2 9/5

2日目の午前中は農林整備課にお世話になりました。

ここでは最初に土地改良事業の説明を受けた後に、ダムや頭首工などの視察に行きました。

写真はあいののダムと頭首工になります!非常に大きくてびっくりしました汗ここにある水が横手市の農業用水や生活用水になるのでとても大事な施設だと感じました。

 

 

午後からは農業ブランド創造課にお世話になりました。ここでは最初に増田中学校の生徒さんが農業ブランド創造課に勉強をしに来てくれたので職員の方々のお手伝い、というか中学生の皆さんと一緒に勉強させていただきました鉛筆2

地元の未来を支えて行くのは彼らのような子供たちであるので彼らにはぜひ頑張ってもらいたいです星僕もまだ大学生であり、まだまだこれからなので何か地元のためになるような仕事ができるように頑張りたいと思います花

 

その後は横手市内の直売所をいくつか見に行きました車

直売所では横手市内の農家さんが作った野菜が販売されており、どれもおいしそうでした!また、加工品も多く売られており、こちらもおいしそうでしたきらきら

  

 

Day3 9/6

インターン3日目の午前中は転作の現地確認に同行させていただきました。最初に農業の交付金の制度などについて勉強しましたが、難しくて1回ではあまり内容を理解することができませんでした泣き 農業をやる方や市役所の方々はこのような制度を理解する必要があり大変だなぁーと思いました泣き

 

午後からは農業振興課の方たちと農業士会研修に同行させていただきました。この研修では浅舞の婦人漬物研究会、樽見内営農組合、浅舞酒造株式会社で研修させていただきましたき

現地研修では地域に貢献している人たちの話を聞くことができとても勉強になりました。このような人たちの話を聞くと自分ももっと頑張らなければならないと思わされ、非常にモチベーションが上がりましたエクステンション

   

 

Day4 9/7

インターン4日目は実験農場のほうでお世話になりました。実験農場では様々な作物を育てており、栽培方法も他とは少し異なった方法などで栽培されているものもありました。農場では雑草処理や播種作業などのお手伝いを行いました。実際に農業を体験することができとても貴重な経験をすることができました双葉

 

農作業に慣れていない僕は結構疲れましたが、とてもやりがいのある作業でした!

 

 

Day5 9/8

インターンシップ最終日はリンゴの選果場、園芸メガ団地、キャベツ畑の見学をさせていただきました。

選果場では最新の設備を使用してリンゴを糖度、大きさなどにより等級分けされ箱詰めが行われていましたりんご

等級分けを行うセンサーがハイテクでびっくりしました汗

 

園芸メガ団地では椎茸とほうれん草の栽培を行っていました。たくさんのハウスのなかで椎茸とほうれん草がきれいに栽培されていましたエクステンション 

施設を説明していただいた方の話を聞くととても魅力のある仕事だと感じましたき

 

 

キャベツ畑では広大な土地でたくさんのキャベツが栽培されており、圧倒されましたアセアセ

 

 

 

今回の1週間のインターンシップでは普段の大学生活では知ることができない、市役所職員の仕事や地域の農業のことについて学ぶことができ僕にとってとても貴重な経験となり、横手市役所農林部でインターンを受けてよかったと感じることができました!

 

posted by: marketing | - | 16:22 | - | - |-
横手市役所 農林部インターンシップ体験

横手市役所のインターンシップとして9月4日(月)から9月8日(金)の5日間農林部によって組まれたプログラムを体験してきました。簡単にですが5日間の実習を書かせてもらいます。

 

初日の午前は最初にガイダンスや農林部の業務を説明した後に大雄の堆肥センターを見学しました。

家畜の糞や家庭の生ごみの混合物を発酵させ肥料を作ります豚。県内ではかなり大規模な施設です。

 

午後は農振除外現地の確認に同行しました。

農振の土地には勝手に農業以外の目的で建物などを立てることはできません。建設の可否は周りの環境によって変わってくるようでした。

 

二日目の午前は土地改良施設現場見学をしてきました。

横手市にある様々なダムを見学しました。農業用水と家庭用水に分けられて水が流れていきます水。建設してから年数が経ち古くなっているものが多く、今後工事される予定です工事

 

 

これは大小様々な田を均して一つの大きな田にすることで作物の生産効率を高めようとする事業です。

 

午後は増田中学校の生徒が総合的な学習として役所に訪れました。地元増田町の魅力について話し合い、改めて増田町の良さを感じたようでした。

 

その後、横手市の直売所を見て回りました。

地元の作物を使った商品を販売しています。

 

直売所によってその室内の大きさはまちまちです。

 

秋田の特産品のいぶりがっこです。大根を使っています大根

 

三日目の午前は転作現地の確認をしました。

大雄地域振興局の業務に同行しました。大雄地域はホップの生産が盛んです。また、転作現地の確認はここに植えると言ったものがしっかり植わっているかどうかの確認であり、栽培品目や栽培量によって補助金などが関わってくるため、この確認はとても大切です。

 

午後は農業士会研修に同行し、3つの場所をまわりました。

最初は婦人漬物研究会ですきゅうり。昔、女性が仕事をしたいという要望からできた所です。最初は設立にあたり反対がありましたがそれを乗り越え、現在では野菜を漬物に加工し市場に出荷しています。

 

二か所目に農事組合法人を訪れ、これからの農業のあり方について説明を受けました。

 

三か所目に浅舞酒造会社の天の戸を訪れました酒。このお店は今年で創業100周年を迎え、地元で獲れた米を使ってお酒を造っています。ここで作ったお酒をどういう形で広めていくか、また、会社の昔話を聞かせてもらいました。

 

四日目は一日中大雄地域の実験農場で農場実習をしました。

作物を様々な方法で栽培し、その他に作物が横手の気候に合うのかなどを検証しています。また、新規就農者のための農業知識習得の場でもあります。私はここで農場見学、草むしり、種まき、農業器具の洗浄などをやらせてもらいました。

 

最終日の五日目の午前は農業施設を見学しました。

これはリンゴの集出荷施設ですりんご。リンゴの色、糖度、大きさなどによって50種類以上に分けられます。箱詰めする人も忙しそうでした。

 

次に大規模な農事組合法人の施設を訪れました。もともとはホウレンソウ栽培から始まったそうですが現在ではシイタケも栽培し、段々と規模も拡大していき、現在では大きな売り上げを出しています。ハウスの棟数がとても多かったですしいたけ

 

 

最後に露地栽培野菜をみてきました。形のいいものから連作による障害を起こしているものなど色々あり、おなじ野菜でも手のかけ方で大きく変わることを感じました。

 

 

5日間ほどのインターンシップでしたが横手市の農業に関わることついて色々学び、とても有意義な時間を過ごすことができ、また横手の良さも感じることができたと思います。

 

 

 

posted by: marketing | - | 13:49 | - | - |-
野菜蔵(大森町野菜直売所)情報

なすなす、ブロッコリーブロッコリー、きゅうりきゅうり、おくら、いものこ(さといも)、かぼちゃかぼちゃ、トマトトマト、いんげん、ピーマンピーマンピーマンピーマンピーマン、じゃがいもじゃがいも、ねぎねぎ、さつまいもさつまいも、にんにくにんにく、大豆大豆、もち米、米米、古代米、みょうがみょうが、ミニトマト、ズッキーニズッキーニ、りんごりんご、ぶどうぶどう、・・・

これは、今日(9月8日)、大森町にある野菜直売所「野菜蔵」に並んであった野菜・果物です。

新鮮さはもちろん、この種類の多さもお客様にとっては魅力です。

 

 

午前10時過ぎにおじゃましたのですが、すでに多くのお客様がいらっしゃっており、売り切れてしまっていた棚もありました。

お客様は、地元の方が多いそうですが、たまにスーツ姿の営業マンも野菜を買いに立ち寄るそうです。

明日からは、ねんりんピックです。横手市にお越しの方は、ぜひ野菜蔵にも寄ってみてください。

 

 

「野菜蔵」情報

 営業時間 8:30〜17:00

 所在地  横手市大森町字大中島380-2
 電話   0182-26-4155

 

 

 

 

 

 

posted by: marketing | - | 13:34 | - | - |-
こうじ料理教室

栄公民館主催講座で「こうじ料理教室」を発酵文化研究所

会員の新山食品加工場「新山容子 先生」を講師に教室が、

12名の参加者で行われました。

 

新山先生には、発酵文化が盛んな横手市で甘酒や塩麹、味噌

を使用した料理を教えていただきました。

 

メニュー

鶏手羽元の塩こうじ煮なべ

 

夏野菜の薬味たっぷりサラダパプリカ(塩こうじ)

 

イタリアンみそ汁トマト(合わせみそ)

 

甘酒のブラマンジェ(甘酒)

 

完成指

 

 

参加者の皆さんは日頃からこうじ料理をしているとのこと

でした。「今回のメニューは初めてでしたが、とても楽し

調理することができ、特に甘酒のブラマンジェは美味しく

家でも作りたい」と言っておりました。

 

次回の料理教室は甘酒やこうじの作り方の勉強をしたい

参加者からは次回の要望もありました。

 

 

 

「こうじ」とは・・・

 「こうじ」とは米・麦・大豆などにカビを繁殖させたものです。

はるか昔から日本人にとって欠かせない存在の「こうじ」は、

本の食文化を形づくり、日本人の健康健康を支えてきたものです。

 甘酒や味噌・しょうゆ・酢・みりん・日本酒・焼酎・塩こうじ

などは「こうじ」から作られる発酵食品です。麦由来の「麹」と

いう漢字もありますが、お米から作られるこうじなので、「糀」

とも書き、江戸時代に日本人が作った国字です。「米に花が咲い

ているようだ」と表現した日本人の感性を感じます。

 「糀」は100種類近くもの酵素を含み、食材を消化吸収しやすく

したり、食べものを美しく変身させる力を持っています。糀のもと

である「こうじ菌」は日本以外のどこの国にも存在せず、日本の

先が古来大切に育み使ってきた貴重な財産として、日本の「国菌」

に認定されています。ちなみに「味噌」の「噌」という字もみそ以外

には使われず、日本人がどれほど「みそ」を大切にしてきたかという

事がうかがいしれますね。(文書 新山容子 先生)

 

今回のお話しは、、横手かまくらFMの食農推進番組「横手のおいしいみっけ」で、9月14日(木)午前7時30分と午前11時5分に放送を予定していますので、ぜひお聴きください。

posted by: marketing | - | 15:35 | - | - |-
道の駅十文字 〜仙台出張販売 ブドウができたよ♪〜

みなさん太陽こんにちは〜

昼間は、まだまだセミの声がミンミン♪ 聞こえてますが、

朝晩めっきり涼しくなり、どことなく秋めいてきた横手市です。

夏のまぶしい太陽をいっぱいに浴びて、すくすく育った野菜や果物たちが収穫の時期を迎えています。今月も牴手市のオイシイ!”をどっさり積んで、道の駅十文字が仙台で出張販売いたしま〜す車ぴのこ:)

 

ブドウ 日 時 9月13日(水) 午前9時〜午後3時頃まで

      矢印商品がなくなり次第終了の予定です

りんご 場 所 仙台八百長商店 大町支店

      家青葉区一番町3-6-12

ブドウ 問合せ 道の駅十文字 ☎0182-23-9320

 

道の駅のある十文字地域はフルーツの生産も盛んなところで、初夏のサクランボに始まり、スモモ、桃、梨、ブドウ、りんごなど、栽培されている品種は数えきれないほど!ブドウだってむらさき色きみどり色だけじゃあありませんよ。赤、ルビーレッド、濃紫、ほぼ黒、緑、薄みどり、黄緑、黄色・・・それはそれはカラフル音符

ブドウ棚が夕焼けに映える景色は、さながら南フランス??(これはちょっとムリがあるかなぁDoCoMo

これから10月まで、道の駅十文字はブドウブドウブドウももももりんごりんごりんごフルーツで大賑わいになります。今回も選りすぐりを仙台にお届けしますので、どうぞお楽しみに。

定番の新鮮旬野菜、漬物、惣菜各種、パン、スイーツも充実の品ぞろえで、皆さまのご来店をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

posted by: marketing | マーケティングから | 15:20 | - | - |-
りんご出発式

今年度のりんご出発式が、JAあきたふるさと農協の主催で

醍醐選果場で開催されましたりんご

 

出発式前に関係者の安全や収穫の無事を祈る神事を行いま

した。

 

ミス・フレッシュの2人が関係者にリンゴを振舞い、今年の

出来栄えを確認しました。

 

JAリンゴ部会の佐藤部会長は春先の低温で昨年より開花が

4日遅れた影響でやや小ぶりですが、味は酸味がうまく抜け

て甘みがあり食感も良く、申分ない品質とのことでした。

 

安全を祈ってドライバーへ花束贈呈と関係者でテープカット

を行い、早生品種「つがる」が関西市場に出荷されました。

 

平成23年の雪害から関係者の努力で昨年度は7割強の出荷量

でしたが今年度8割以上を目指すと力強く話をしていただき

ました。

今後、11月には主力品種の「ふじ」の出荷も予定されており、

2月上旬まで出荷が続くとのことでした。

 

皆さんも横手産の美味しいりんごを食べましょう矢印矢印

 

posted by: marketing | - | 10:52 | - | - |-