カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
新着記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
携帯サイト
qrcode
RSS ATOM
調理用リンゴの取り組み

実りの秋、ここ横手では特産の「りんご」りんごが収穫の最盛期を迎えようとしています。

10月に入り、やたかやトキ、シナノスイートなどの収穫が行われ、10月下旬には、秋田県オリジナル品種の秋田紅あかり、11月からは王林やふじが収穫となります。現在、果樹農家の皆さんは、横手で一番栽培面積が多いふじの、着色を良くするための「葉っこ取り」や「玉回し」の作業を行っています。

今回は、「ひららき果樹園」の平良木亨さんに、調理用リンゴの取り組みについてお話しを伺いました。

ひららぎ果樹園の平良木亨さん(増田・亀田地区のリンゴ園で撮影)

 

平良木さんは、桃やふじなどのリンゴを栽培する果樹農家で、「たまたま、お菓子作りを営む方から加工用(調理用)リンゴが欲しい」と言われた事がきっかけとなり、調理用リンゴの栽培に取り組み始めました。

調理用リンゴと聞いてピンとこない方もいると思いますので、少し説明しますね。調理用に適しているリンゴは、酸味が強いのが特徴。生で食べてみると口の中が唾液でいっぱいになります。また、調理後もリンゴ独特の香り、風味を損ないません。昔から調理用の品種として紅玉があります。話をもどして…、

徐々に仲間が増え、現在は生産者7人、事業者1人、計8人で「クッキングアップの郷」を立ち上げ、紅の夢やジェネバ、紅玉、ブラムリー、グラニースミスなどの栽培に力を注いでいます。

仲間と一緒に売り込みを始め、昨年は、大阪や東京のお店に、ケーキの具材やプリンに添えるリンゴとし使用されたそうです。平良木さんは「調理用リンゴの新たな取り組みで、横手のリンゴをPRしていきたい。地元の方にも食べてもらいたいので、地道に頑張ります」と意気込みを話してくれました。

 

真っ赤に色づいた「紅の夢」

 

今回のお話しは、、横手かまくらFMの食農推進番組「横手のおいしいみっけ」で、11月9日(木)午前7時30分と午前11時5分に放送を予定していますので、ぜひお聴きください。

posted by: marketing | - | 14:39 | - | - |-
第17回 平鹿りんご味覚まつり

posted by: marketing | - | 13:18 | - | - |-
増田朝市秋の感謝祭

posted by: marketing | - | 08:35 | - | - |-
十文字秋の収穫祭2017

posted by: marketing | - | 16:05 | - | - |-
道の駅十文字 仙台出張販売

みなさん、こんにちは〜パンダハート

 

めっきり涼しくなってきましたね

もう、新米は食べましたか?

十五夜も過ぎて、横手市は実りの秋を迎えています。

りんごブドウしいたけ枝豆鍋稲ブドウ栗おにぎり柿梨大根白菜

夏の、雨災害に耐えて元気に育った野菜・果物は

例年以上においしくできました。

今月も、横手のオイシイ♪をたっくさん積んで

仙台までお届けしますよ〜〜トラックぴのこ:)ぴのこ:)

 ハロウィン 日 時 10月18日(水) 午前9時〜午後3時

       ※商品がなくなり次第終了の予定です

 ハロウィン 場 所 仙台八百長商店 大町支店

         青葉区一番町3-6-12

 ハロウィン 問合せ 道の駅十文字 ☎0182-23-9320

 

道の駅十文字がある十文字地域は、横手市内でも果樹栽培が盛んなところなんです。初夏のサクランボから始まって、すもも・和梨・洋ナシ・ブドウ・りんごなど、季節ごとに食べごろのフルーツも満載!

10月は秋を代表するブドウやりんごがおススメです。

この機会に、ぜひぜひ横手の秋味を味わってみてくださいね。

ほかにも、あったか〜いお鍋には欠かせない大根、白菜、きのこ類。人気の漬物や惣菜、お菓子もテーブルいっぱいに広げてお待ちしてます。

posted by: marketing | マーケティングから | 11:29 | - | - |-
ふるさと食材を使った料理教室を開催しました。

第2回 『旬な野菜を使ったお弁当メニュー』の料理教室が

平鹿生涯学習センター主催で行われました。

 

講師は管理栄養士・食育指導士・ハーブ​コーディネーター・

料理研究家 村上祥子氏に師事し、約10年に​わたりアシスタントを

務めておりました柿崎朋子先生です。

 

メニューきのこ

完成!

 

 

皆さんも旬の地元産の野菜を使った料理を食べて地産地消を推進しま

しょう指

posted by: marketing | - | 09:27 | - | - |-
新米はもう食べましたか

皆さん、もう新米米は食べましたか。

お米屋さんで、新米と表記しても良い期間があるのをご存知ですか?新米と表記できるのは、収穫された年の12月31日までだそうです。

今年は、収穫時期に雨が続き、田んぼにまだ稲米がだいぶ残っていますね。

今回は「五つ星お米マイスター」「雑穀エキスパート」「米穀検査員」の資格を持っている、有限会社 藤倉商店の篠木郁子さんに、お米の美味しい炊き方や保存方法などについて、お話しを伺いました。

多くの資格を持つ篠木郁子さん

 

篠木さんは「横手の農家の方は、米作りに一生懸命なので、横手産のお米はとても美味しいです。「あきたこまち」をはじめ、最近では「萌えみのり」や「ゆめおばこ」といった品種も美味しいので、食べて見てください」と話してくれました。

気になるお米を美味しく炊く方法については、

◆米を研ぐ時はゴシゴシ研がずに、サッと3〜4回やさしく研ぐ。 白いとぎ汁は、お米のデンプンなので必要以上は研がない。

◆新米だからといって水分量を少なくしがちですが、まずは普通の水分量で炊いてみる。硬かったり軟らかったら次回水分量を調整する。毎回はできないかもしれませんが、軟水のミネラルウオーターを使うと美味しく炊きあがるそうです。

◆お米と水の割合は、お米1に対して水1.3。これはお米1合(約150g)に水200奸F蕕覆匹任米を炊く場合の参考にしてください。

また、豆知識として

◆「最後の一皮が旨みなので」玄米を精米する際は、上白にはしない方が良いかもしれません。 精米後、熱があるので袋の口を開けて置きがちですが、口は閉める。米が乾燥して研ぐ時に割れる可能があります。

◆お米の保存方法は、床に直に置かず、風通しの良い、涼しく、日の当たらない所に保存するのが良いそうです。

◆電気炊飯器は5年ほどが寿命で、美味しく炊けなくなったら買い替えの目安だそうです。

◆最近は、玄米を食べる方も多いと思います。玄米は消化不良に成らないように、50回ほどよく噛んで味わってください。

篠木さんから、お役立ち情報を沢山いただきました。早速試してみたいですね。

 

今回のお話しは、、横手かまくらFMの食農推進番組「横手のおいしいみっけ」で、10月26日(木)午前7時30分と午前11時5分に放送を予定していますので、ぜひお聴きください。

posted by: marketing | - | 16:04 | - | - |-
「仙台卸町ふれあい市」開催のご案内です♪

2017秋のクロッサム「卸町ふれあい市」が開催されます。

 

もみじ 日 時 平成29年10月14日(土)9:00〜16:30 

         10月15日(日)9:00〜15:00 

もみじ 場 所 産業見本市会館(サンフェスタ)     

     仙台市若林区卸町2-15-2        

      URL http://www.oc-sendai.ne.jp/fureai/    

 

この「卸町ふれあい市」の会場屋外テントで、秋田県南観光物産市として、横手市・仙北地域・雄勝地域から12事業者が出展し「いぶりがっこ」、「きりたんぽ」、「稲庭うどん」などの特産品を販売します。

 

横手市からは、道の駅十文字、佐藤こんぶ店が出展します!!

販売品目は、

 

家道の駅十文字家

 野菜、果物、菓子(団子、まんじゅう)ほか

 

家佐藤こんぶ店家

 粉末昆布、だし昆布、早煮昆布、ぱりぱりおやつ昆布 ほか

 

当日は、1,000円お買い上げで1回抽選ができるきらきらお楽しみ抽選会きらきらも実施します!!

 

気になる賞品は・・・

 当たり 横手市宿泊施設のペア宿泊券

 当たり 秋田県南地域の特産品

 当たり 横手市産りんごジュース

などが当たる!!!豪華抽選会です。

 

「卸町ふれあい市」は毎年春と秋に開催され、卸売業者がお客様向けに商品を格安販売しており、毎回多くのお客様にお越しいただいております。

 

《 今年の春の様子です 》 

 

 

「卸町ふれあい市」では、物産展の他にもたくさんのコーナーが目白押しですonpu03

来月引退のスギッチ主任もかけつける予定です。

みなさまのご来場をお待ちしております^^

 

 

 

 

 

 

 


 

posted by: marketing | マーケティングから | 15:03 | - | - |-
浅舞の朝市400年祭

10月8日(日)に横手市浅舞の朝市400年祭が盛会に行われました。

朝市は1・4・6・8のつく日の午前中に開催しております。

 

400年祭のイベントでは地元の新米おにぎりや味噌汁、甘酒も

振舞われました。

 

イベントで注目を集め、大行列だった本マグロの解体ショーさかな

 

 

 

他にも大抽選会や餅まきも行われましたグー

 

清原紅蓮隊演武矢印矢印

 

 

 

朝市の様子

今が旬の山菜ビックリ

 

お花の種花

 

朝採りしいたけもありましたきのこ

 

昆布や煮干しなどの乾物わかめ

 

他にも鮮魚、金物屋、洋服屋さんなどのたくさんのお店が出店

していました。

 

歴史ある朝市を地域で大切にしていかなければと感じました。

posted by: marketing | - | 09:19 | - | - |-
全国発酵食品サミットin日本橋タカシマヤ

10月4日(水)から10日(火)まで日本橋高島屋で発酵

サミットが開催されております。

1階 正面イベントスペースでは発酵の学校等のトーク

イベント指

地下1階食料品催会場では全国の発酵食品物産販売が開催

されております。

 

横手市からも「よこて発酵文化研究所」会員の甘酒・味噌・

麹・寒麹・味噌・いぶりがっこ・ピクルス等の商品が並んで

おります。

機会がありましたら気軽に足をお運びください。

 

詳しい情報はHPをご覧ください。

発酵文化推進機構HP⇒http://hakkou-bunka.jp/info/701.html

 

posted by: marketing | - | 13:43 | - | - |-