カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新着記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
携帯サイト
qrcode
RSS ATOM
こうじ料理教室

栄公民館主催講座で「こうじ料理教室」を発酵文化研究所

会員の新山食品加工場「新山容子 先生」を講師に教室が、

12名の参加者で行われました。

 

新山先生には、発酵文化が盛んな横手市で甘酒や塩麹、味噌

を使用した料理を教えていただきました。

 

メニュー

鶏手羽元の塩こうじ煮なべ

 

夏野菜の薬味たっぷりサラダパプリカ(塩こうじ)

 

イタリアンみそ汁トマト(合わせみそ)

 

甘酒のブラマンジェ(甘酒)

 

完成指

 

 

参加者の皆さんは日頃からこうじ料理をしているとのこと

でした。「今回のメニューは初めてでしたが、とても楽し

調理することができ、特に甘酒のブラマンジェは美味しく

家でも作りたい」と言っておりました。

 

次回の料理教室は甘酒やこうじの作り方の勉強をしたい

参加者からは次回の要望もありました。

 

 

 

「こうじ」とは・・・

 「こうじ」とは米・麦・大豆などにカビを繁殖させたものです。

はるか昔から日本人にとって欠かせない存在の「こうじ」は、

本の食文化を形づくり、日本人の健康健康を支えてきたものです。

 甘酒や味噌・しょうゆ・酢・みりん・日本酒・焼酎・塩こうじ

などは「こうじ」から作られる発酵食品です。麦由来の「麹」と

いう漢字もありますが、お米から作られるこうじなので、「糀」

とも書き、江戸時代に日本人が作った国字です。「米に花が咲い

ているようだ」と表現した日本人の感性を感じます。

 「糀」は100種類近くもの酵素を含み、食材を消化吸収しやすく

したり、食べものを美しく変身させる力を持っています。糀のもと

である「こうじ菌」は日本以外のどこの国にも存在せず、日本の

先が古来大切に育み使ってきた貴重な財産として、日本の「国菌」

に認定されています。ちなみに「味噌」の「噌」という字もみそ以外

には使われず、日本人がどれほど「みそ」を大切にしてきたかという

事がうかがいしれますね。(文書 新山容子 先生)

 

今回のお話しは、、横手かまくらFMの食農推進番組「横手のおいしいみっけ」で、9月14日(木)午前7時30分と午前11時5分に放送を予定していますので、ぜひお聴きください。

posted by: marketing | - | 15:35 | - | - |-